太っていることを男性から指摘される

以前、今より10キロ太っていた時期がありました。その頃は、仕事のストレスや残業で夜遅くに帰宅し、そこから夜ごはんを食べたりすることで、太ってしまいました。 仕事もピークを越え、残ったのは自分の体についたお肉。男性社員の多い職場。女性を的に廻すこともないと思っているのでしょう。平気で太ったことを指摘してくる人もいます。気にしているだけに余計に傷つきます。これは何とかしないと、と思いました。 この屈辱的な思いを払しょくするには、とにかく痩せるしかないと思いました。運動を定期的にすることはなかなか難しいので、食事制限を中心に始めました。まず、仕事の合間に食べるお菓子などは、完全にやめることにしました。飲み物も水かお茶。そして夜ごはんのタイミング。残業がある時は、軽いおにぎりなどをつまんでお腹がすかないようにします。そして、帰宅後はもう食べません。やはり夜遅い食事、寝る直前の食事というのが一番の太る原因だったと思います。 そういった方法を続けることで、みるみる体重は戻っていきました。 体重が戻ったら思いっきり、それまで大好きだったファッションを楽しみ、太ったことを指摘した男性社員達を見返すことができました。



特におすすめは、下記の二つの医薬品です。


右のゼニカルは、美味しいものを食べながら減量ダイエット効果もあるという、アメリカのFDA認可の世界売上ランキング トップクラスのダイエット医薬品です。


ゼニカルは、体重の管理に使われている減量薬で、食べ物の脂肪分を吸収して体の外に出すような作用があるそうです。


左のフルファストガムは、全米では知名度のあるガムです。このガムをかむと満腹中枢が刺激されるので空腹感がなくなって食べ過ぎを防いでくれます。



日本のドラッグストアなどには売っていないので、個人輸入代行のオオサカ堂を紹介します。


フルファストガム>>


ゼニカル>>